更年期障害にもおすすめ高麗人参サプリメント!

高麗人参に含まれている有効成分について

高麗人参に含まれている有効成分を知っていきましょう。

 

豊富な有効成分がありますが、まず大きく分けて「有機物」と「無機物」があります。

 

●有機物
高麗人参では有名なサポニンも有機物です。
その他には脂質、炭水化物、ビタミンがあります。
有機物の中でも注目度の高いサポニンは、高麗人参の品質が良ければ良いほど種類も豊富になります。
欲しいと思う効果ごとでサポニンの種類も変わってきます。
サポニンの中のアルカロイドという成分は、免疫アップ作用があります。
アルギニンも注目されています。
血行促進作用がありますし、ホルモンバランスの調整作用もあり、男性にはうれしい男性機能アップ効果も期待できると言われています。

 

●無機物
高麗人参に含まれている無機物も多数あります。
鉄分やナトリウムやマンガン、リンやマグネシウムやカリウムなどがありますよ。
特にマグネシウムは豊富に含まれています。
他の植物の焼く10倍ものマグネシウムが入っていますので、マグネシウム不足になることは無いでしょう。

 

これ以外にも様々な有効成分がある高麗人参なので、これらの有効成分を効率よく摂取して、健康促進や美容のサポートにしましょう。

 

高麗人参の効果・高麗人参の副作用と選び方

 

日本産の高麗人参と本場の高麗人参の違い

日本でも高麗人参は栽培されていることをご存じでしたか?
やはり本場で栽培されているものと違いがあるのでしょうか?

 

日本で栽培されている高麗人参は、とても貴重です。
高麗人参栽培をしている農家自体が少ないのです。
なので日本産の高麗人参は高価です。
さらに日本産ということで安全性も高く品質も良いという点も、高価な理由でもあります。

 

日本で栽培されている高麗人参も、かなり手間暇がかかっています。
土壌の状態や使用する水なども徹底されていますし、もちろん農薬や化学肥料も使われていませんので、農家の努力が日本産の高麗人参に注がれています。

 

本場は中国や韓国で、本物の高麗人参はとても品質が良いとされています。
けれども中にはいい加減な栽培を行っているところもあります。
日本産の高麗人参は品質や安全性が高いとうい魅力があるのです。

 

けれども中国や韓国でとれた本物の高麗人参は、やはり高品質で日本産の高麗人参よりも優れていると言われます。
本物で高品質な高麗人参は、含まれる有効成分が豊富がったり、有効成分の質が良いのです。

 

高麗人参に含まれているジンセノサイドは中国や韓国で栽培された本物の高麗人参の方が豊富に含まれているのです。

 

 

例えば、ジンセノサイドの場合、日本で栽培された高麗人参には数種類しか含まれていませんが、中国や韓国で栽培された高麗人参には数十種類含まれているなどの違いがあるのです。
これはやはり原産地の方が高麗人参に合っているなどの理由もありますので、仕方ないとも言えます。

 

日本産の高麗人参も優れていますが、中国・韓国産の高麗人参との違いはあるということになります。

 

 

 

男としての自信を取り戻せる高麗人参

高麗人参を摂取することで、男性機能アップ効果が得られると言われています。
これは男性にとってうれしい効果ですよね。

 

高麗人参を摂取することで血行が良くなり、元気な精子を作ることができるようになるのです。

 

若年性EDの方も増えていますし、性行為に自信を持てない男性も増えています。
子作りの妨げになっているケースもあります。

 

高麗人参を摂取することで、滋養強壮効果と併せて男性機能アップも期待できます。
あの有名な徳川家康も愛用していたという記述があります。
当時ではかなりの長生きであった徳川家康は、60代になっても子供を授かっていますので、やはり高麗人参の力も影響していたかもしれません。

 

高麗人参に含まれている成分の中でも特に有名なサポニンを摂取することで、男性器への血流も良くなります。
ホルモンバランスも整えられますので、性欲の回復や元気な精子をしっかり作ることができるようになるのです。
老化が原因の性機能低下にも有効ですので、男性機能を取り戻したい男性は、ぜひ取り入れてみましょう。
男性側が理由の不妊も珍しくありませんので、不妊治療の一環としても高麗人参を取りいれるといいでしょう。

 

高麗人参は毎日続けていくことが大切ですよ。